メインイメージ

廃車にするための費用とは?

廃車するにはいくら掛かりますか

廃車費用がいくら掛かるか、という質問に一言で答える事は難しい物です。
何故なら、車の車種や状態、どのように手続きを行うかによって、大きく変わって来るからです。
必ず必要な手続きは次の3つです。
1-陸運局への抹消手続き
2-自動車リサイクル料金の支払い手続き
3-解体業者への持ち込み
1番の陸運局への手続きを自分で行えば無料ですが、行政書士に依頼すると2千円から1万円前後が相場です。
2番のリサイクル料金は、車種やメーカーによって異なる為一概には言えません。
大よそですが、国産の軽自動車が8千円前後、国産の普通自動車が1万円前後、最も高い大型車両で3万円前後です。
また、3番の解体業者への持ち込みについても、お住まいの地域からの距離により異なります。
平均で1万円前後ですが、解体業者まで直接持ち込めばこれも無料になります。
廃車自体に掛かる費用というより、それにまつわる手数料の方が高い事が分かります。
しかも、廃車にする際に大量に出る鉄等が、近年は高値で売買される為、廃車費用をゼロにするというサービスも増えています。
必ず必要な手続きの1番と2番さえクリアしておけば、その他は無料と考えても良いでしょう。
そもそも、廃車しなければいけない車というのは、相応の走行距離があり、製造から年数が経ち、中古車として価格が付かない車という大前提を持って考えると、大型廃棄物なのです。
しかし、リサイクルが叫ばれる現在、大型廃棄物こそ、資源の宝庫だという見方が強まり、廃車と言っても、単にスクラップ処理するだけではなくなりました。
ハンドルを外し、内部の使える機器や資材は取り除き、最後に残った鉄も再利用する、こうする事で利益さえ生み出せるのです。
つまり、廃車慮分をご検討中の方には、業者に任せきりにせず、自ら処理手続きをする事をお勧めします。
もしかしたら数万円の利益をもらえる所、1万円前後の費用を支払うのは勿体無い事です。
日々多忙で、全く時間がない方は業者に依頼する方が賢明でしょう。
その際も、驚く程高額な費用は請求されませんので安心してください。
大よその相場を知っておけば、あまりに高額な請求をされた場合に明細を確認する等の対応が出来ます。
1つの知識として知っておくと何かと役立つでしょう。
また、公用車とプライベート車では廃車手続きや費用に若干の差が発生するので、予め把握しておきましょう。
スタッドレスタイヤやオーディオ機器のみ、別途買い取りしてもらう事も可能です。

Copyright© 2014廃車を買取してもらいたい人のために。。。 All Rights Reserved.